大阪の求人:行政書士事務所で未経験から専門職・プロフェッショナルへの道へ

クレアスト行政書士事務所では、外国人の就労ビザ・経営管理ビザの申請、外国人雇用に関するコンサルティング業務を主たる業務として営んでいます。
※クレアスト株式会社は、製造業などの経営コンサルティング・事業計画作成などの中小企業診断士業務を行っています。

「ただ単に申請書類を作る」「言われたことだけをただ単にやる」のではなく、ご依頼頂いた中小企業様やご依頼主様に対して、「お困りごとやご要望を適切に汲み取り、迅速且つ柔軟に問題解決する」「相手の方が求めていることを考え、一歩二歩先を見越して行動する」ことをモットーとしています。そして、一つ一つの仕事が完了したとき、「御事務所へ依頼して良かった!」「迅速且つ丁寧な対応で、分かりやすくて助かった!」と言って頂けるような仕事をすることを心掛けています。

求人応募をご検討になっている皆様へ

昨今、士業の資格試験の受験者数は減少傾向にあり、行政書士試験も受験者数も減少傾向にあります。しかし、行政書士試験においては合格者数は毎年ほぼ同じ人数の方が合格しています。つまり、有資格者がどんどん増えています。

一方で、今後、AI・IOTが進展することで、これまで士業が行っていた書類作成業務はどんどん簡素化していくことが確実です。サービス提供者が増える一方、仕事は簡素化(少なく)なっていく傾向があるということですね。

私は技術が進歩し、世の中が便利になることは非常に素晴らしいことだと大歓迎だと考えています。しかし、煩雑な書類作成業務を主たる仕事としている弊所にとっては、先を見据えて行動していかなければ厳しい現実が待っていると思っています。

ダーウィンの進化論に、『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である』という有名な言葉があります。

まさしくその通りで、「変化を拒み、今となっては非効率で無駄な仕事の仕方を自分たちの便益のために守っていく」のではなく、「変化を受け入れ、時代に対応し従来とは異なる、新しい仕事の仕方で価値を提供」できるよう励んでいかなければなりません。

ひと昔前までは、「難関資格を取れば(その後はあまり努力しなくても)安泰する」「偏差値の高い大学に入って一度大企業に就職すれば(その後はあまり努力しなくても)人生安泰」という時代があったかもしれませんが、これだけITが急速に発達し、あらゆる製品やサービスを供給するチャネルが増え、単純作業が機械に置き換わりつつある今、そのような考え方をしていては生き残っていくには非常に厳しいと思っています。

例えば、製造業(メーカー)であれば、最新技術が取り入れられた一昔前では考えられないような超高性能な設備に買い替え、それを使い熟す技術を身に着け、競合他社との競争力を確保しています。 私たち専門サービス業は、生産設備を購入する必要はありませんが、新たなことを学び知識をアップデートしていかなければ、何十年も前の老朽化した設備を使って仕事をしていることと同じことだと思っています。

しかし、しっかりと変化に対応していけば、生き残っていける時代でもあると思っています。今はまだ小さな事務所ではありますが、変化に対応し、激動の時代に生まれたことに感謝し、共に成長していける仲間を募集しています。

このような方を募集しています。

  • 行政書士試験に合格したので、資格を活かした仕事へ転職したいとお考えの方
  • ご自身の専門性を磨いていくと共に、人としても成長していきたい方
  • 行政書士として働きたいけど、安定した収入(仕事)を確保したい方
  • 細かな書類作成や事務仕事が得意な方

この求人情報をもっと詳しく知る。